医師・ドクターの求人・転職比較サイト「ドクター求人Wiki」

ranking

医師転職の裏話

現場は医師不足?

私も多くの病院担当者とお話ししてきましたが、多くの医療機関は人材不足に悩んでいます。転職の際は面接を受ける側の医師さんの圧倒的に優位といっても過言ではないでしょう。

面接の際に「先生年収はいかほどで来てくれますか?」という面接なのか引き込みなのか分からない面談に同席したこともありますよ・・・・まぁ稀なケースですが。

医師は独立開業もできますが、あまりおすすめはできません。首都圏でのテナント開業には最低でも2,500万円の初期投資が必要になります。大手病院やドラッグストアなどがライバルになりますので、資本力、ブランドイメージの差は明瞭になります。

転職・復職される際は条件面はある程度の要望をつきとしてもかまいません、求人サイトに登録して自分にあった条件がないのであれば、複数の紹介会社に登録して良い求人を紹介してもらえるエージェントを探すのもいいでしょう。なぜなら、アナタは求められているからです。

医師の自分にあった働き方

医師さんには様々な働き方があります。自分のライフスタイルにあった働き方を選びましょう。

正職員

もっとも優遇された給与や福利厚生が受けられるのが正職員です。

正職員での求職を希望であれば、条件をしっかり伝えるのが転職成功のポイントです。

非常勤・スポット

非常勤・スポットの医師さんの求人も多くあります。正職員と比べると待遇面では劣りますが、時間にゆとりを持って仕事をすることが出来ます。

時給は1500円以上が多いです。ただ、注意していただきたいのが「扶養の範囲内」で働くかどうかです。

年収103万円」を超えてしまうと、税金が増えてしまうからです。

例) ※モデルケースとなります、税負担に関しては各エージェントに相談してみましょう。

  1. 1.年収100万円 …… 世帯収入100万円増
  2. 2.年収120万円 …… 世帯収入114.3万円増(税負担 57,000円)
  3. 3.年収140万円 …… 世帯収入115.8万円増(税+社会保険負担 242,000円増)
  4. 4.年収150万円 …… 世帯収入122.8万円増(税+社会保険負担 271,500円増)