医師・医者の求人・転職比較サイト

医師の転職情報が掲載されている求人サイト比較

医師求人Wiki<元紹介会社エージェントが教える医師求人サイト>  >>  医師の労働時間

医師の労働時間

医師とは?

医師 概要

今日の日本では、一般に「お医者さん」「医者」「ドクター」「先生」と呼ばれるが「医師」という名称が確立されて一般に広く使われるようになるのは、明治以後のことである。


米国では伝統的に医師は「Physician」と称される。また、専門分野ごとに「内科医 (Physician)」と呼ばれたり「外科医 (Surgeon)」と呼ばれたりもする。欧米で医師の一般名称「Physician」に対して外科医だけが「Surgeon」と呼ばれている理由は、中世より「内科学」=「医学」とされており、「内科医」=「医師」であったことによる。「外科医」の仕事は初期の頃は理容師によって行われ、医療補助職として扱われており、現在での義肢装具士や理学療法士等のような存在であったことから、別の名称があてられることになった。すなわち医師である内科医が診察診断を行いその処方に基づいて理髪師(外科医)が外科的治療を薬剤師が内科的治療(投薬)をそれぞれ行うという建前であった。しかし時代が進むにつれ外科医も薬剤師も独自に治療を行うようになり彼らも医者とみなされるようになっていった。その他に、フランス語ではMédecin(メドゥサン)、ドイツ語ではArzt(アルツト)である。


また、博士の学位を持っていない医師までも「ドクター (Doctor)」 と呼ぶことは、日本、英国、オーストラリア、ニュージーランド、等で行われている。ただし、大英連邦下では、外科医は、学位にかかわらず、今日なお「ミスター」で、「ドクター」とは呼ばない。本来なら「マスター (Master) =修士」のさらに上にある学位の名称である「ドクター (Doctor) =博士」が、転じて医師の名称としても用いられるようになったのは、「医師制度」の発展してきた歴史的背景および免許取得過程上要求された学位が関係している、とされている。

開業医の場合

小規模の診療所やクリニックの開業医の場合、ピンキリですが軌道に乗れば平均で年商2,000~3,000万円位になります。しかし、この額が医者の収入としてそのまま懐に入るわけではありません。ゼロから開業するとなると膨大な資金が必要になります。

 

レントゲン1台、中古でも数百万円、新品なら1,000万円以上します。初期投資に1億円以上かかったという病院も珍しくありません。結局、医師として年商2,000~3,000万円稼いでも手元に残るのはその半分くらいといえます。また、開業後しばらくの間は借入金の返済に追われる日々となります。

しかし、近年では高齢化による福祉事業も盛んです。例えば、医療と福祉を融合させた様々なビジネスチャンスがあります。医師としての本業に加え、周辺知識の研鑽を図りながら事業を拡大することで、従来以上の収入も期待できるでしょう。

 

ただし下記に掲載している医師不足の問題により、近年、勤務医を嫌い、開業医を志す医師が増えてきています。このまま開業医が増えますと将来的に需給バランスが崩れますので、今までのような収入を確保するのが難しくなります。従来以上に、周到なマーケット戦略と経営的な資質が問われる時代になるでしょう。

需要の増加と深刻な医師不足

現在、勤務医の不足が問題視されています。地方の中小の総合病院では勤務医の数が不足しており、地方でなくても産婦人科、外科、小児科などでは人手が足りないとのことです。

 

一人勤務医が減ればその負担は残された勤務医がカバーしなくてはならず、当直明けの診察など想像を絶する超過勤務となります。こうした環境に耐えきれなくなりまた一人辞めてしまうと、また、残された勤務医の負担が重くなるという負の連鎖を抱えます。

 

現在では現場の医師の高い倫理観で何とか支えていますが、さすがに限界があると思われます。病院側としても様々な試みを行っているようですが、現状を変える打開策はなかなか見出せません。

こうした根の深い問題の場合、やはり国レベルでの解決が必要に思えてきます。特に医療の場合、人の生死に関わる問題ですので、早急な解決策が求められます。

労働時間は?

平成20年 医師の労働時間

企業規模 年齢
(歳)
勤続年数
(年)
所定内実労働時間
(時間)
超過実労働時間
(時間)
全体平均 39.3 4.4 164 12
1000人以上 35.3 3.9 163 14
100~999人 42.9 4.3 164 11
10~99人 51.7 8.5 169 1
 
「平成20年 賃金構造基本統計調査」の調査結果より医師の給料に関する項目を引用・抜粋し、掲載します。

登録する前に知っておきたいこと まとめ

「見合った仕事やポジション、収入を確保できるのか?」「医局の関連病院以外はほとんど実状を知らないけど・・・」
「研究を続けながらの転職はできるのか?」転職には様々な不安があります。
エージェントの進める求人は本当にアナタの希望通りですか?そんな「医師の今」と「転職の今」をまとめました。
登録してからでも遅くない!今すぐチェック!!

取り扱い求人サイト一覧
Copyright 2011(C) isi-wiki.com all rights reserved.