医師・医者の求人・転職比較サイト

医師の転職情報が掲載されている求人サイト比較

医師求人Wiki<元紹介会社エージェントが教える医師求人サイト>  >>  医師の給与

医師の給与

日本の医師がどれくらいの給料をもらっているか、ご存知ですか?

大学病院の医局勤務 、 市中病院勤務 、開業医、製薬会社etc・・・働き方、役割など多岐にわたります。

では、どのくらいの給与が医師の平均的給与なのでしょうか?

また、ご自分の今の給与が平均と比べてみると、給与面での相談がしやすくなります。

ご参考ください。

医師の平均年収 <性別>※1

<平成22年 医師 男女計>

男女合計
平均年収 1065.5万円
平均月収 82万円
平均時給 4687.5円
年間賞与等 87万円
平均年齢 38.1歳
平均勤続年数 4.1年
復元労働者数 61060人
総労働時間 174.5時間/月
男女比 女性25.2% 男性74.8%
 

平成20年 医師男性 基本データ

平均年収 1211万円
平均月収 93万円
平均時給 5199円
年間賞与等 95万円
平均年齢 40.5歳
平均勤続年数 4.6年
復元労働者数 45660人
総労働時間 179時間/月
 

平成20年 医師女性 基本データ

平均年収 931万円
平均月収 71万円
平均時給 4176円
年間賞与等 79万円
平均年齢 35.8歳
平均勤続年数 3.7年
復元労働者数 15400人
総労働時間 170時間/月

医師の平均年収 <企業の規模>※2

<平成20年 医師男女>

企業規模 年収
(万円)
月収
(万円)
時給
(円)
ボーナス
(万円)
年齢
(歳)
勤続年数
(年)
所定内実労働時間
(時間)
超過実労働時間
(時間)
全体平均 1141 88 4972 91 39.3 4.4 164 12
1000人以上 862 64 3614 95 35.3 3.9 163 14
100~999人 1441 113 6463 84 42.9 4.3 164 11
10~99人 1734 136 8014 99 51.7 8.5 169 1
 

<平成20年 医師男性>

企業規模 年収
(万円)
月収
(万円)
時給
(円)
ボーナス
(万円)
年齢
(歳)
勤続年数
(年)
所定内実労働時間
(時間)
超過実労働時間
(時間)
全体平均 1211 93 5199 95 40.5 4.6 165 14
1000人以上 909 68 3773 98 36.2 4.3 163 16
100~999人 1525 120 6683 89 44.2 4.3 165 14
10~99人 1833 145 8334 93 53.3 8.7 173 1
 

<平成20年 医師女性>

企業規模 年収
(万円)
月収
(万円)
時給
(円)
ボーナス
(万円)
年齢
(歳)
勤続年数
(年)
所定内実労働時間
(時間)
超過実労働時間
(時間)
全体平均 931 71 4176 79 35.8 3.7 162 8
1000人以上 731 54 3102 84 32.8 2.9 163 11
100~999人 1187 93 5595 66 39.2 4.4 162 5
10~99人 1313 93 6431 124 45.1 7.9 154 0
 

※1上記医師統計は厚生労働省の調査で、抽出調査となっています。そのため、平均年齢、勤続年数、復元労働者数(調査から推計した労働者数)、総労働時間及び男女割合は調査上の数字であり、実際の数字とは異なります。ご注意ください。また、年間賞与等は平均年収に含まれます。

※2数字は平均値。平成20年厚生労働省「賃金構造基本統計調査」による企業規模別データです。より詳しい医師情報を知りたい方、企業規模ごとの情報を知りたい方はご覧ください。

勤務先における給料目安 調剤薬局やドラッグストアが人気

医師の全体平均給与は「約82万円」とされています。そこから推定されるボーナスを含めた推定年収は「約1065.5万円~」になります。年収300万円といえる時代にすごい勝ち組ですね、正直羨ましく思うこともありました・・・・

医師の勤務先別に考えると 、「大病院/約64万円」「中規模/113万円」「開業医/136万円」 と、開業医がダントツです。勿論開業医なので経営にも関わる話しとなりますので、少し感覚が違うかもしてません。

ただ大病院の給与が安めなのは、大学からそのまま就職する形が多いため、年齢が若い医師が多いので平均にすると安くなってなっています。

 

平成22年 医師 年収結果

平成22年の医師の平均月収は88万円、そこから推定される平均年収(ボーナス込)は1,141万円でした。

過去の医師の年収推移を見ますと平成16年から17年にかけて減少しています。その後持ち直していますが以前の水準に比べ低いものとなっています。時給ベースでも年収とほぼ同様の推移を見せています。

 

研修医後の進路により医師の生涯収入が異なる

医学部卒業後、国家試験にパスした研修医の平均年収は300~400万円程度と言われています。かつての研修医は無給に近かったのですが、臨床研修の制度が大幅に変更されたことにより、この位の収入が得られるようになりました。

研修医時代の稼ぎの差はあまりありません。収入に差がでてくるのは、研修医を終えたあとの医師としての進路によります。

研修医後の医師の進路

選択1.大学病院の医局勤務
選択2.市中病院勤務

 

選択1.大学病院の医局勤務の医者の場合

大学病院の医局に進んだ場合の医師の平均的な目安

20代後半~30代前半の医師:300~600万円くらい
講師 :700万円台
助教授:800万円台
教授:1,000万円前後

 

選択2.市中病院の勤務の医者の場合

市中病院に進んだ場合の医師の平均的な目安

スタート時の医師:600~800万円くらい
5~10年後の医師:1,000万円台
部科長クラスの医師:1,500万円超
院長:2,000万円くらい

登録する前に知っておきたいこと まとめ

「見合った仕事やポジション、収入を確保できるのか?」「医局の関連病院以外はほとんど実状を知らないけど・・・」
「研究を続けながらの転職はできるのか?」転職には様々な不安があります。
エージェントの進める求人は本当にアナタの希望通りですか?そんな「医師の今」と「転職の今」をまとめました。
登録してからでも遅くない!今すぐチェック!!

取り扱い求人サイト一覧
Copyright 2011(C) isi-wiki.com all rights reserved.