医師・医者の求人・転職比較サイト

医師の転職情報が掲載されている求人サイト比較

医師求人Wiki<元紹介会社エージェントが教える医師求人サイト>  >>  医師転職の裏話

医師転職の裏話

現場は医師不足?

私も多くの病院・施設の部長さんとお話ししてきましたが、多くの医療機関は人材不足に悩んでいます。転職の際は面接を受ける側の医師さんの圧倒的に優位といっても過言ではないでしょう。

面接の際に「先生年収はいかほどで来てくれますか?」という面接なのか引き込みなのか分からない面談に同席したこともありますよ・・・・まぁ稀なケースですが。

  1. 現在、勤務医の不足が問題視されています。地方の中小の総合病院では勤務医の数が不足しており、地方でなくても産婦人科、外科、小児科などでは人手が足りないとのことです。

    一人勤務医が減ればその負担は残された勤務医がカバーしなくてはならず、当直明けの診察など想像を絶する超過勤務となります。こうした環境に耐えきれなくなりまた一人辞めてしまうと、また、残された勤務医の負担が重くなるという負の連鎖を抱えます。

    現在では現場の医師の高い倫理観で何とか支えていますが、さすがに限界があると思われます。病院側としても様々な試みを行っているようですが、現状を変える打開策はなかなか見出せません。

    こうした根の深い問題の場合、やはり国レベルでの解決が必要に思えてきます。特に医療の場合、人の生死に関わる問題ですので、早急な解決策が求められます。

転職・復職される際は条件面はある程度の要望をつきとしてもかまいません、求人サイトに登録して自分にあった条件がないのであれば、複数の紹介会社に登録して良い求人を紹介してもらえるエージェントを探すのもいいでしょう。なぜなら、アナタは求められているからです。

医師の転職理由は?

医師が転職を決意する背景には、どんな理由があるのでしょうか。医師の年代にかかわらず、転職理由の第1位に挙げられるのは、「年収アップの希望」です。医局に所属していると数年ごとに転勤することが多く、継続的な昇給が望めないことも影響しているでしょう。また、自分自身のスキルや経験を、もっと評価してほしいと考える医師が多いのかもしれません。


転職を希望する理由の第2位が、「時間的な余裕が欲しい」です。慢性的な医師不足のため、過酷な労働条件のもとで無理を重ねている医師も多くいるのです。特に、医師になってからの年数が浅い、比較的若い年代に時間的な余裕を望む転職希望者が目立ちます。当直などの肉体的な負担が多い年代なのかもしれません。

その他にも、診療科を変更する「転科」のために転職を希望するケースも数多くあります。転科を伴う転職の場合は、普通の転職よりも十分な準備が必要です。年齢は高いけれど新人である転職者を歓迎してくれる職場でなければ、転職先での充実した勤務は難しいでしょう。


それから、「キャリアアップ」のために転職を希望するケースも多くあります。学会の認定医や専門医資格を取得するためには、学会の認定病院で経験を積まなければなりません。つまり、資格取得のための転職です。また、「がん治療の最前線で働きたい」「内視鏡のスキルを存分に発揮したい」など、自分が望む医療を行うための転職もあります。これらも、キャリアアップのための転職と言えます。

 

家庭の事情や本人の都合で、「勤務地の変更」のための転職を希望する場合もあります。ご両親と同居する場合や、お子さんの進学のために勤務地を変えたいこともあるでしょう。都心部で働いていた医師が郊外の勤務を希望する場合や、逆に郊外から都心部への変更を希望するケースもあります。女性医師を中心に、「育児」が理由の転職もあります。

医師の自分にあった働き方

正職員

もっとも優遇された給与や福利厚生が受けられるのが正職員です。

正職員での求職を希望であれば、条件をしっかり伝えるのが転職成功のポイントです。

パートタイマー

パートの医師の求人も多くあります。正職員と比べると待遇面では劣りますが、時間にゆとりを持って仕事をすることが出来ます。

スキルアップに為に非常勤で働く医師さんも最近とても増えています。

登録する前に知っておきたいこと まとめ

「見合った仕事やポジション、収入を確保できるのか?」「医局の関連病院以外はほとんど実状を知らないけど・・・」
「研究を続けながらの転職はできるのか?」転職には様々な不安があります。
エージェントの進める求人は本当にアナタの希望通りですか?そんな「医師の今」と「転職の今」をまとめました。
登録してからでも遅くない!今すぐチェック!!

取り扱い求人サイト一覧
Copyright 2011(C) isi-wiki.com all rights reserved.